忍法「縄抜けの術(ハーネス)」ペットカート編

忍法「縄抜けの術(ハーネス)」ペットカート編

ホントに不思議です。

スリングの時だけではなく、ペットカートの時でもものの見事にハーネスから抜け出しやがったんです。

はて~???

ハーネスって両腕通して装着してるわけじゃない?

なんでいとも簡単に抜け出すことができるのか、飼い主サイドとしては不思議でしょうがなかった。

しかしここまで抜け出されて、ようやく「あること」に気づいた。

もしかしてハーネスが緩いのか?(←気づくの遅すぎ)

そりゃハーネス自体が緩ければ、いくら両腕通して装着してようが簡単に抜けられるよね~。

ちょっと飼い主として考えが足りなかったわ。

ペットカートから抜け出したシーズー犬まろん

ハーネスでも首輪でも、あんまりきつくしちゃうと「苦しいかな?」とか思って緩めにしがちだけど、それが間違いのもとだったわ。やっぱ適正サイズで装着しないとだね。

はい、この漫画を読み終えた犬飼いさん。さっそく愛犬の首輪とハーネスをチェックしてみて~。緩く装着しちゃってない!?

適正サイズは指が1~2本入るくらいよ!(まろんのハーネスは指が4本余裕で入りました)

スポンサーリンク
応援いただけるとうれしいです(^^)
シーズーイラスト にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事