道路のアミアミ

道路のアミアミ犬は以前は道路のアミアミ(グレーチング)に出くわすと、飛び越えるか犬はわずかな足場を探してはその上を歩いていたが、犬が靴を履くようになってからは、何事もないかのようにアミアミ(グレーチング)の上を歩くようになった犬は素足の時はアミアミ(グレーチング)の隙間から落ちるような錯覚でも起こしてたのかな?

靴を履くようになって不思議だったのがこの一件。

 

「な、なんで急にアミアミの上が歩けるようになったの?」

 

やっぱり素足の時は、アミアミが何かしらイヤだったってことでしょ!?

その原因を私なりに想像してみたんだけど、どうかなー?

 

_横断溝も怖くないシーズー犬まろん

 

ぷぷぷっ、昔はビビってたくせに~。