こっち向いて -奇声編-

こっち向いて -奇声編-例えばお散歩中の写真撮影で犬の目線が欲しい時。犬は臭いを嗅ぎまわっている。名前を呼んでもムダキーキッキ、ケー、などと奇声をあげると犬の目線がもらえた。何ごと?犬が振り返るしかし、それを何度も繰り返した結果。しゅぴー、ぐわん、奇声をあげながら犬の写真を撮る飼い主飼い主はただの「変な人」となった。ドゥン、ぴょえ~。奇声に慣れた犬、目線くれず

まろんの気を引くもの(おやつ、おもちゃ等)を何も持ってなければ、こうして体を張るしかないわよねー。

でも奇声をあげるのは、まわりに誰もいない時限定よ?
警察に通報でもされたら困るからねっ。

 

 

今の季節、まろんと桜のツーショットを取りたいのに、ちっともこっちを向きゃーしません!

 

桜の香りを嗅ぐシーズー犬まろん

 

まろんちゃーん!
こっち向いて~!?

 

キーッキキ!!

 

ケー!!