混合ワクチンの選び方

混合ワクチンの選び方

日頃から決断力の弱~い私。大事なまろんのワクチン接種となれば、なおさら悩みます。
動物病院で受けた混合ワクチンの説明は、ざっくりと書くと下記のようなことでした。

  • 5種
    • 普通に住宅街をお散歩するような犬用
  • 8種
    • 草むらとかをお散歩する犬用に、コロナウィルス感染症とレプトスピラ感染症がプラスされている
    • ただしこの近所でレプトスピラに感染した犬はいない

って、どっちじゃー!

草むらもお散歩するから、それなら迷わず8種だろうけど、でも近所で感染した犬はいないって・・・結局感染しないってこと?

迷いに迷って、この時は「大は小を兼ねる」的な決断で8種のワクチンを受けました。

その年に今回のネズミ騒動
私の決断力の無さが今回の事件に限っては功をなしたのでした。
(でも前例によると感染しなかった可能性の方が高いんだけどね。)

混合ワクチンの接種については、種類が多ければ良いというものでもありません。
といって、少なければいいというものでもありません。

漫画ではざっくりとしか描いてませんが、決して8種を勧めているわけではありませんし、
また、ワクチンを接種しているからといって100%安全というものでもありません。

ワクチンの接種にはメリットもありますがデメリットもあります。
どのワクチンを接種するのか、獣医さんとよく相談して決めてくださいね。

おもちゃで元気に遊ぶシーズー犬まろん

ちなみにネズミさんと遭遇したのは普通の住宅街でした。
ネズミは野だけにいるわけでもないのね~。
あなたも油断しないように、お気をつけくださいね。