しっぽふりふり「おかえりの舞」

しっぽふりふり「おかえりの舞」

犬がしっぽを振るというのは「うれしい!」という気持ちの表れと言いますが。

まろんの場合、しっぽが最高潮に振られるのは、悔しいが夫の帰宅時。

 

しっぽを最大限に振るシーズー犬まろん

 

そのしっぽの振り方たるや、もうとにかくしっぽを振って振って振りすぎて、その勢いでお尻が横にぶれて、さらにその勢いで足まで浮いちゃう、みたいな。

ふりふりチャカチャカ、ふりふりチャカチャカ、とにかく忙しい。

その音と姿は、まるでタップダンスを踊るようよ。

 

 

このまろんのしっぽを最大限に振ったお出迎え、「おかえりの舞」と名付けました。

ちょっと、おしっこを我慢してる子供にも似てるよね。
もじもじ、もじもじ、みたいな(笑)

でも「おしっこもじもじダンス」だとまろんのプライドにかかわるから、「おかえりの舞」ね。

ま、それはさておき。

あー、私もこんな風にめいっぱいしっぽをふりふりされて、まろんにお出迎えされてみたいわぁ。

ちょっと夫が羨ましいぞ。